2008年 05月 12日

「ツバメの数の調査」

通学路 2時頃から一往復
月曜日で下校が早いのだ。
 『きのうの おばちゃん?」と 自信なげに 私に話しかけてくれた 小学校 中学年らしき女の子。 「ええ」と返事返すと ああやっぱりという表情ですれ違って返っていった。こんな時やはり一番私としてはうれしい。
 
 帰り道 家に近くなったところで 大きな子供達 高学年男女の一団10人くらいとすれ違う。  なにか言った。
 「ツバメの巣を見ませんか?」と 言ったのだ。
「イヤ見ていないよ」
「調査は今日だけ?」 うんという風に うなずきながら
 小学生の一団は 小学校の方に向かって歩いていった。
 即日報告せねばならないかも・・・。
[PR]

by pc5takahashi | 2008-05-12 15:05 | 日記 | Comments(0)


<< ツバメが いること確認      デフラグでファイルの断片化を解消 >>