2007年 10月 09日

立山砂防女性サロンの会 尾畑会長等スイスへ 

北日本新聞 10月9日付け28面に「スイスの治水施設視察」 
「災害対策 大切さ実感」のタイトルで記事有り。
 
尾畑(富山国際大教授)さんからは 先週 他の用事で メールがきていて、週末にスイスへ発つことが記されていました。

一行は 現地時間7日夜(日本時間8日未明)、首都ベルンで地元の女性との交流会を持たれ、8日午前は ベルン近郊にある”治水砂防施設に行き、災害対策に理解を深められたそうだ。

ブログのスキン 表示画面の大きさ すべて同じかと考えていたが 違うのだと言う事を 身を持って体験した。 其れでまたスキン変更と なりました。昨日 写真レイアウト遡ってみていたら、レイアウト崩れている箇所 多く発見し、これはこまった事と・・・。「金魚のスキン」から10月1日 「ブログ生活」とか言う スキンに変更した所為であろうと・・・。
星井さんが教えて下さった「ノートブック」とか書いてありましたが、どうも「ノートパッド」  このスキンに変えたら 一番気になっていた 9月13日か、14日のブルーベリーの 4枚組み写真のピクセルあげていったというより 縮専での数値徐々に上げた、当然最後のは 少しでも 横幅大きく表示されていると計算して作ったのに 一つ手前の組み写真と 同じに見えた。その時 それを読んでくださった 星井さんが 助言してくださった。
(スキン変更の事)今日それを実行したら、私の思い通りの 物になっていた。 




 環境庁次長のゲッツ博士は、「記録的豪雨でベルン市内を流れるアーレ川が 氾濫し 死傷者や家屋倒壊を出した過去の洪水、国の治水事業について説明された事等。 また教育問題や高齢者介護、家庭での夫婦の役割について 現地夫人等と意見交換など。 博士の案内で洪水を防ぐために改修された中流域の河川や、1990年の洪水後建設された砂防堰堤など視察され、中流域の河川は ゲッツ博士は  川幅を2倍に広げ分流にした。自然に水位が下がるようになっており、自然に近い河川の管理方法だ」と 説明されたとの記事が 掲載されていた。
この一語 読めば 簡単だけれど 日本国内では こんな発想で 治水事業に 取り組んでいるところが あるのでしょうか?
[PR]

by pc5takahashi | 2007-10-09 08:29 | 日記 | Comments(0)


<< 額に      ハンガリーブタペストで見た花 >>