2012年 01月 26日

「偏形樹」

ブロともさんの地理佐渡さんの ページで 「偏形樹」という言葉があり 今まで知らず・・・
調べてみました。

下のホームページには例として写真①に樹氷写真②には 強風で片方に なびいている 木の写真も掲載されていました。
樹氷だけでなく 地理佐渡さんの「強風にさらされた木」のことも説明されていました。

 地理佐渡さんの写真をお借りしましたので・・・
偏形樹というのは 強風になびき 長い期間に変形した木のことなのですね。
それと だれもがよく知っている 「樹氷」が有るのを知りました。
c0129682_12432463.jpg


以下のページに出ていました。(偏形樹と風雪)
興味のある人また見に行ってくださいね。他の 面白いこと満載かも。
http://www.bioweather.net/column/essay2/aw26.htm 

偏形樹と風雪
 
冬山の偏形樹

 湿潤な温帯や亜寒帯の山地の冬は風雪が強い。雪をともなう強い西風は針葉樹の成育をさまたげる。雪が積もってしまうと積雪の中に埋もれた枝や葉はかえって極端な低温からまぬかれ、風にもさらされず、翌春まで“雪のふとん”にくるまって、厳しい寒さから逃れることができる。
 このような状態は、温度だけでなく風がかかわっている。その過程は簡単ではない。樹の幹でも電柱でも同じだが、直立している柱の風上側には風が運んできた雪片が付着する。一つ一つは魚雷の形をしている。日本の登山家は“えびの尻尾”と呼んだ。専門用語では樹霜(シルバーソゥ、silver thaw)という。これがびっしりへばり着く。そして、風上側へ風上側へと発達してゆく。雪の湿り具合にもよるが20-30cmは普通でときには50cmくらいまで風上の方向に発達する。
 個々には魚雷型でも、それがびっしりくっ付いて成長した部分は次第に重くなり、耐えられる限界を超すと、全体がいっしょにバッサリ落ちる。このとき、幹の風上側にもし枝や葉があれば、いっしょに落とされる。幹の風上側は風に対してまる裸の状態になり、風に晒されて温度がさがり、より低温になる。芽もいっしょに落とされ、もし、残っていたとしても、低温のため枯死してしまう。結果として、風上側には枝がなく、風下側にだけ枝葉が着いている偏形樹になってしまう。


このホームページ ワンちゃん好きの人も楽しめるかも。
県別にお散歩ナビが  見れるんだから すごいね。その日の天候とよい散歩時間など グラフになっていました。見るだけでも楽しいかな。

私が11時台に データー取ったので 早朝にデータ取れば 5時台とかからのデータが見れるのかも。
c0129682_1212516.jpg

[PR]

by pc5takahashi | 2012-01-26 18:09 | Comments(16)
Commented by pcvkawahara at 2012-01-26 20:35
冬山の偏形樹、初めて眼にしました。長い文章の
ホウムページ.[雪の布団にくるまって」のくだり感動しています。
何気なく見ていた扁形樹にもそんな過程があったことを教えて
頂き、前向きなtakahashiさんの勉強熱心さに見習わねばと
思っています。

明日ITセンター行き雪さえ沢山降らなかったら参加の予定ですが
午後の天候をみてと思っています。よかったらご一緒しましょうね。


Commented by 地理佐渡.. at 2012-01-26 20:37 x
こんばんは。

わざわざ紹介いただきありがとうございます。
また少し恥ずかしさも..(笑)。
偏形樹は沿岸部でも見られます。越後の
沿岸部ではよく見かけられますが、たぶん
そちらでも同様のものが見られるだろうと..
実はこの言葉は僕もブログ仲間から教え
ていただいたのです。ネットでの交流は
色々勉強になりますよね。お役に立てたの
が嬉しいです。

Commented by koneko2y at 2012-01-26 22:51
樹氷のことかと思いましたが、
それとは違うのですね。
Commented by pc5takahashi at 2012-01-27 11:32
pcvkawahara さん
そのページに見に行って ページ中の 写真などをみると「樹氷なら知っていた」と 思いましたが。いろいろな形態があるのだと思います。
ありがとう。
11時15分に電話しましたが お留守のようでした。今30分  もう一度今からかけなおします。
Commented by niko2_1173 at 2012-01-27 12:50
こんにちは、お元気ですか。冬山の偏形樹の勉強させて戴きました。知らない事を学び嬉しいです。ゴーヤ花の枠綺麗ですね、変った形ですねさすがいい出来栄えですね。アオサギの鳥8羽のグループを望遠側で上手に撮られましたね。これからも宜しくお願します。
Commented by pcvkawahara at 2012-01-27 13:59
すみません。その時間帯はスーパーにいた時間です。
12時40分ころ電話しましたら御留守でした。 
風邪ぎみですので不参加しました。約束に反しましてごめんなさいね。


Commented by 地理佐渡.. at 2012-01-29 22:34 x
こんばんは。tokoさん。

いただいたコメントにすぐ反応ができず失礼しました。
長岡に戻って寝てすぐにまた早朝から出張でした。
今佐渡でいただいたことに返信せねばと思い伺いまし
た。使える写真がありましたら是非お使いください。
東和鵜としましても楽しみです。

Commented by pc5takahashi at 2012-01-30 13:06
koneko2yさん
遅くなりゴメンナサイ!
こちら雪の始末に毎日大変な労力、今日は青空ですが 明日からまた雪情報。

 調べた情報によると 「樹氷」も この方が写された 強風にさらされ こんな形になった木も 言うらしいです。
Commented by pc5takahashi at 2012-01-30 13:20
niko2_1173 さん

お宅の周辺の雪大変ですか?
私の家も 大きな工場もあり車もよく通ります。
間口が広いので雪の始末に大変。くたくたです。
Commented by pc5takahashi at 2012-01-30 13:38
pcvkawaharaさん
お返事遅れました。
いつもありがとうございます。
ITセンターまで 往復歩きました。160分

久しぶりの歩き いいことありです。翌朝体重計に乗ると・・・2キロほど減っていました。何とかしてこれを保持したーい!です。
Commented by pc5takahashi at 2012-01-30 13:45
地理佐渡さん
雪の始末で 疲れはてごめんなさい。

すごい風景 周りでは見ることができません。言葉見慣れ 聞きなれしなかったので 調べてみました。
Commented by pc5takahashi at 2012-01-30 13:51
地理佐渡さん..
いつもありがとうございます。
貴方の写真をこのページに乗せて説明したかったのです。
Commented by 地理佐渡.. at 2012-01-30 19:38 x
こんばんは。

嬉しいです。紹介いただいて。また何か良いネタを見つけような
んて思っています(笑)。なお、冬山のエビのしっぽは過冷却水
が条件としてありますね。中々この条件を自然下で満たすことは
無いようでして、局地的に名所が生まれるのはそのせいかも知れ
ません。
自然現象には色々謎が秘められていますが、それをまた解明す
るのもおもしろいことですよね。

Commented by pc5araki at 2012-02-02 07:16
偏形樹と風雪見たからに寒そう。でもよく取れていますね。
偏形樹うっかり見ておりますが山に多いのでしょうね。
高橋さんは勉強か。いつも感心しております。
Commented by pc5takahashi at 2012-02-02 15:21
地理佐渡さん
いつもありがとうございます。
自然が大好きで いろいろあなたに教えていただきとてもうれしいです。
雪山にもいけませんし、貴方のぶろぐも大いに楽しみです。

大雪で今回の雪 降り積もり 2階の屋根(大屋根)の雪が落ちてくれず 雪がカールしてます。
、2階の窓から出て なんとかしようと試みてはいますが 力も ないしあきらめました。
雪が凍っていて 叩いて落そうとしても びくともしません。
太陽が覗くとホッとします。
毎日雪の始末で
  1日何回も 体を休めては 除雪にでて 大くたびれ・・・です。
Commented by pc5takahashi at 2012-02-02 15:29
arakiさん
 勉強家ではありませんが 興味の対象が自然に関して多くあります。
いろいろとまた教えてくださいね。


<< 「家計簿」       簡単な操作で >>