2011年 06月 28日

ねいの里へ Ⅰ

27日
自然博物園 ねいの里へ行ってきました。19人の参加でした9時~3時半
c0129682_0242210.jpg

ハッチョウトンボのオス
 逃してはなるものかと このときは写真を1枚とるのがやっとでした。カメラかまえて フレームの中に入っていればそれでよし。と 後 何枚も離れたところで撮りましたがよくなく、掲載した写真はリサイズ トリミングで・・・。
 完全にボケてますが。。(すごく目が悪いんです。
 近眼なので パソコンは 眼鏡いらず、目も疲れませんが。)

c0129682_1374613.jpg


「あそこ あそこにいるよ」と応援されながら でも被写体確認できず UPで撮りたくないから
いつも 近づきながら何枚も写す・・・ 画の中に入っていれば ・・・ なんて

写真がよくないので調べました。
大人のトンボで
  2cmしかありません。
  1円玉の直径と同じです。

c0129682_21141513.jpg

楚々と咲くササユリです。
近くでもう1本見たのですが 日が経っていて ・・・。自然で咲くのは美しいですね。
優しい色です。

 願わくばもう少しピンクが強いとよかったのに・・・。私は園芸種に毒されていますね。
c0129682_135795.jpg

丸山先生の説明を聞きながら 質問しながら歩いたのですよ。私はメモを取りながら。
c0129682_192049.jpg

word で 「傘の編集」に この写真使おうと思い撮ってきました。
c0129682_1133182.jpg

区別の難しいアヤメ、ハナショウブ、カキツバタの違いを、わかりやすく解説しました。
http://www.kamoltd.co.jp/kakegawa/miwake.htm
このページで 調べました。ありがとうございます。
 ごく簡単に言いますと、花びらの基のところに、花菖蒲は黄色、カキツバタは白、アヤメは網目状の模様が、それぞれあることで区別できます。 また、サトイモ科のショウブは、アヤメ科ではありませんが、その葉姿がアヤメに似ていることや、古い時代「あやめ」や「あやめ草」と呼ばれていたこともあり、昔からしばしば混同されて来ました。この植物は葉や根茎に芳香があり、端午の節句の「菖蒲湯」や、「菖蒲葺き」、「菖蒲酒」など、古くから邪気をはらう植物として使われ、こんにちでも「菖蒲湯」の風習は残っています。

丸山先生に 花弁の基の所が 花菖蒲は黄色と 本当に明快な説明でした 忘れないでしょう。 
 ですから この花は 花菖蒲
c0129682_117330.jpg

オオガハス
年数忘れましたが 1粒の種を研究用にもらいうけたのが この場所で増えました。 これは全景ではありません。
c0129682_152191.jpg

c0129682_157715.jpg


とんでもない高さにモリアオガエルの卵を 見つけました。
c0129682_20134598.jpg

[PR]

by pc5takahashi | 2011-06-28 01:30 | 日記 | Comments(12)
Commented by 地理佐渡.. at 2011-06-28 07:20 x
おはようございます。

富山県自然博物園ですね。今そのHPを見ています。
なんと富山市にあるのですね。良い環境が整備されて
身近に自然を感じながらという場所のようですね。
Commented by pc5takahashi at 2011-06-28 12:10
地理佐渡さんへ
お帰りなさい!
もとは婦負郡婦中町でしたが、富山市に編入されました。
昨日は50年くらい前に使用されていただろう炭焼きの跡を見に行ったり その近くで 昼食になりました。あいにくの雨でしたが森の中では 濡れませんでした。花や モリアオガエルの産卵場所 とんでもないところに 見上げなくてはならない高木に見つけました。どれくらいかな 離れていたので自分の身長から類推することもままなりませんでしたが。
 皆はあんな高い枝にどうして産卵したのかと 話はもちきりでした。6,7mはあったのかな?驚きですね!
先生も撮影されていました。
その写真夕べ掲載する時間がなく 今からリサイズして載せておきます。
Commented by 地理佐渡.. at 2011-06-28 19:58 x
こんばんは。

嬉しいコメントをいただきました。当方のサイトで役立つこと
がありましたら、どうぞリンクを記事中に貼ってください。
当方もあれがエノキか否かで迷っていますし。たくさんの
方の目に触れる方がありがたいです。よろしくお願いします。

Commented by pc5takahashi at 2011-06-28 20:36
地理佐渡さん
私らが見たのも1緒じゃないかと思うのですが 返す返す残念です。写真撮っていない!
 光っていたのでいたので 「なめこ」じゃない?と言い合っていました。まさか!わりと大きいから 誰も「えのき」という人がおりませんでした。
 このメンバーはほとんど初対面で blog 書いてるかどうか解りません。ごめんなさい。
Commented by pc6shin at 2011-06-28 22:03
花菖蒲、アヤメ、カキツバタの違いがイマイチでしたが
↑ の説明でよく分かりました。アリガトウネ。
緑いっぱいの自然に触れることができてよかったですね。
説明してくださる方が一緒だと勉強になるし
楽しく見学できていいです。
Commented by pcvkawahara at 2011-06-28 22:07
pc5takahashi さん
こんばんは ねいの里へ行って来られたんですね。楽しかったでしょ
う。同じ趣味をお持ちの方どうし、写真も沢山撮られて、なかでもササ
百合,菖蒲が目立ちましたよ。



Commented by パソコンお助けマン at 2011-06-28 22:14 x
きれいな写真をありがとうございます。
楽しく拝見いたしました。
自然は素晴らしいですね。
Commented by pcs4kagayo at 2011-06-29 04:42
専門家の方のお話を聞きながらの遠足は楽しいでしょうね。
Takahashiさんの行動力の広さにいつも感心しています。
また写真の説明や、見たこともないアマガエルの産卵場所の写真など、見せてもらい、楽しませていただいています。ありがとうね。(^-^)
Commented by pc5takahashi at 2011-06-29 10:34
shinさん
どなたも 見分け方いまいちだと思います。

あの説明で 頭に残る説明を受けましたので忘れては申し訳ないような気がします。

黄菖蒲は サトイモ科ということも wikipediaの情報で知りました。(我が家にも)この家に来た時は 沢山ありました。あまり増えるので 処分し続けもうありません。

 黄菖蒲は 他の情報から 外来種だと最近見聞きしました。
Commented by pc5takahashi at 2011-06-29 10:41
kawaharaさん
歩くの大好き!
自然の中を、樹林の中を歩くのは最高、この日は 雨模様でしたが 木々が雨を遮ってくれ 体や頭が濡れるようなことはありませんでした。合羽も着用せず 帽子でだけでしたが 大丈夫でしたよ。
Commented by pc5takahashi at 2011-06-29 10:50
パソコンお助けマンさん
お久しぶりです。社福の行事で 富山市自然博物館 「ねいの里」というところに行ってきました。
ここでは ビオトープの構築に取り組んでいます。 樹木の林が頭上を覆ってくれ 「雨空もなんのその」快適でした。
Commented by pc5takahashi at 2011-06-29 10:54
kagayoさん
お孫さんの 野球でお忙しいのでしょうね。
山行きは だんだん足も慣れてきて やはりひとつひとつ経験の積み重ね、すごく険しい箇所もあったろうに 拍手です。


<< ねいの里 Ⅱ       狸御殿さんの ポピーを >>